読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

ネット禁止?

最近、うちの職場では各社員のPCからのインターネット接続が禁止されてしまいました。ルーターからアクセス禁止されてしまっているのでほんとに何もできません、メールすら使えない・・おそらくこれから先も未来永劫このような運用になってしまうのでしょうが、何故こうなったのかについては口が裂けても言えなかったりします。

そんなていたらくのところへタイミングよく投入されて大活躍しているZERO3なのですが、今日の昼休みもいつものようにGOOGLE串かましながら快適なWEBブラウジングを楽しんでいたところ、ふと背後に気配を感じて振り返ると熱心に私の手元を覗き込む上司の姿が・・

上司「それええよなぁ、こないだ店で探してんけどな、実物置いてなかったんやわ。」
私「あれ?これ、知ってはるんすか?」
上司「おお、10年前から使い続けてるPDAが調子悪いもんで、そろそろ買い換えたいなぁと思ってるねんけど、それどんな感じやろか?」

そこで私はスーファミのエミュレータなんかを起動させてみたりして、ひたすらなんでもできるぞ感を煽ってみました。すると上司はすっかり買う気満々になって自席へ戻っていきましたとさ。

後で気づいたのですが、まぁ、ここでは彼のことを上司と書いてますが、これが立場的に結構上の人物だったりするわけで、ZERO3が単体でネット接続できたり、PCと接続してゴニョゴニョできたり、カメラのシャッター音を消去できたり、色々と素敵な機能が搭載されていることを知ったら、即刻職場に持ち込み禁止にできるくらいの立場の人であったりするわけです・・これはしまったかも。