読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

楽しむ為のプログラミング

最近Rubyを勉強し始めて、感心することがいくつかありました。


例えば、テーブルの操作とかものすごく楽ですよね、インデックス設定しなくても扱えるようになっていたり。これって一見何でもないようなことのような気がしますが、生産性や品質面から考えてもかなり画期的なんですよね。
もしCOBOLで同じことをやろうと思ったら30行程度まで膨れ上がってしまうプログラムが、Rubyであれば3行程で書くことができます。行数が増えると、それに伴って気にしないといけないポイントがいくつも出てきたりして、初心者にとってはつらいことになってきます。
COBOL開発の現場においては、そういう「気にしないといけないポイント」を整理した資料があったりするのですが、その項目数はざっと数えただけでも300個以上にも及びます。
新規でプログラムを製作する度に、その資料とつき合わせながら、品質的に問題がないかどうかのチェックを行うのですが、その工程がなくなるだけでもかなり開発効率は上がりますね。


他言語と比較して数倍の生産性を持ち、品質的にも高いものが自然と出来上がってくるなんて魔法のような言語のような気がしてきますが、Rubyの真髄であると言われる「楽しむ為のプログラミング」という点については、まだまだどういう意味なのかがよくわかっていなかったりします。
けど、もしそういう「雰囲気」みたいなものが掴めるようになってきたら、それってなんかいいですよね。
プログラムを組むって、実は楽しいことだったんだなぁって、少年時代に戻ったように、もう一度思い出してみたいものです。