読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

次世代UI


家庭用機のFPSって、いわゆるゲームパッドで操作することになるわけですが、私はあれにどうしても馴染めそうな気がしなくて今まで一度も手を出したことがなかったのです。


やはり一度マウスとキーボードの組み合わせに慣れてしまうと、これ以上最適な組み合わせなんてこの世に存在しないのではと思いこんでいたのですが、もともとこの両者の組み合わせはゲームをプレイする為に設計されたものではない為、もしかしたらこれよりも優れた何かがいつ登場してもおかしくなかったんですよね。
次世代ゲーム機の開発にあたって、まずその点から疑ってかかるという任天堂のやり方は素晴らしいですね。
リモコンを軽く振ると、シャカッという音と共にリロード動作が行われるのが気持ちよさそう・・
このリモコンを使うことで、より直感的な操作性がもたらされることになるのですが、それ以外にも体を動かすことでゲームの世界により深く浸れるといった効果もありそうです。


ただこれ、いい歳こいた大人が一人でテレビの前に座ってプレイしている姿はあまり見れたものではありませんね。家族や友人達で大勢集まってやることが前提になっていると考えた方がよさそうです。