読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

RemoroTube

先日から、Rimoでユーザーチャンネルの追加ができるようになっていたので、RetroTube内の動画一覧ページを登録すればそのまま連続再生できるのかと思い、試してみました。
ところが私のサイトでは、個別のYouTube動画へのリンクを貼っているわけではないので、今の状態では使うことができませんでした。
これについては、そのうちチャンネル登録用のAPIが公開されるはずなので、それを待ってから対応を考えてみようと思っていたのですが、もう既に発見して利用されている方がいたので、早速自分もやってみることにしました。


現在、動画一覧ページの見出し横のRimoボタンを押すと、Rimoが起動して、そのページ内の動画の連続再生が始まるようになっています。
どうぞご利用ください。


同様の機能は、RetroTubeFeedで既に実現されているので、あえて対応する必要はなかったんですが、WebAPIを見かけたら叩かずにおれない性分なもので、つい・・


ちなみに仕組みとしては、

  1. ユーザーのブラウザがRetroTubeへ、Rimoの起動指示を行う。
  2. RetroTubeがRimoへ、動画一覧を生成するURLを渡す。
  3. RimoがRetroTubeへ、動画一覧の生成リクエストを送る。
  4. RetroTubeがRimoへ、動画一覧を生成して渡す。
  5. 動画一覧を受け取ったRimoが、そこからYouTubeのデータベースを参照しつつXMLを生成し、自分のデータベースに登録すると同時に、RetroTubeへその結果を返す。
  6. Rimoからの結果を受け、RetroTubeがユーザーのブラウザへ、Rimoでの動画再生用のURLを送りつける。
  7. ブラウザ側で、Rimoでの動画再生が始まる。

もう、わけがわからないですね。
↓動画で表すと、こんな感じでしょうか。それにしても小人さん達、頑張ってくれてますね。