読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

自作フレームワークをgithubへ公開

先日作った超単純なWebアプリケーションから雛形部分のみを取り出して、これまた単純なフレームワークを作ってみました。
zipで固めてどこかに置いておくのも味気ないので、githubというところで公開しておきます。
ちょこっとだけですが、オープソースプログラマーっぽいことをして、一人ご満悦ですw


gitというものの存在は最近知ったところなのですが、個人でちょっとしたアプリを開発するのにわざわざバージョン管理システムを使うなんて大袈裟かなと今までは考えていました。
けれどもこうやって、できあがったものを公開する段階まできたら、githubというサイトが気軽に利用できるので非常に便利ですね。
自分の作った物を過去の履歴まで含めてここで一元管理できるし、利用する人にとってもブラウザから色付きのソースコードを手軽にみることができるので、まさにブログを使う時と同じような感覚になっていますよねこれは。


さらには他人のソースコードを自分のところへ持ってきて修正を加え、本家に修正内容の反映依頼をリクエストしたりもできるようです。
こういう、一つのアプリに対して複数のバージョンが同時に並列で開発されているような環境では、どうしても「閉じられた世界」での出来事になってしまいがちなのですが、それをWebのオープンな世界にぶちまけて広く拡散させていくような仕組みが存在することに、正直驚いてしまいました。


というわけで、今後私が作ったアプリは大小問わずに、ここへ公開していこうと思います。