読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

帰宅ドットコムというWebサービスを作ります

GAEを使ってわけのわからないモノをガンガン作っていこうというこのプロジェクトですが、早くも第三弾に突入しました。
お次は、「帰宅ドットコム」というWebサービスを作ってみたいと思います。
イメージとしては、「早起き生活」という、毎日の起床時間をひたすら記録し続けていくサービスがあるのですが、こういうライフログ的なツールになる予定です。
このツールにもたせる機能は、今のところ、以下のようなものを考えています。

  • Twitterから特定のアカウントに対してつぶやくことで、日々の帰宅時刻を記録することができる。
  • 同時に、日々の残業時間も記録していくことができる。
  • 同時に、家族への帰るメールの送信も行うことができる。
  • 帰宅時間(残業時間)を、月単位でグラフ表示させることができる。
  • 月間残業時間の多い人順(少ない人順)に、ランキングを表示させることができる。


Twitter上にbotがいて、それに対して一日一回帰宅時間になったらつぶやくことで、日々の勤怠管理と家族への帰るメール送信ができるということですね。Twitter上のbotなので、当然誰でも利用できるわけですから、ユーザー全体を意識したランキング表示機能もおまけでつけておきましょう。


上記をふまえて、これから実装していく内容は以下のような感じになるはずです。

  • bot宛のつぶやきを取得して、ユーザー単位に日々の帰宅時刻をデータストアに格納していくプログラムを作成し、cronで回す。
  • bot宛のつぶやきから、個別のユーザーの終業時刻やメール送信先を設定できるようにする。
  • メール送信先が設定されている場合は、bot宛のつぶやき取得時に、メール送信させるようにする。
  • ユーザー単位・月単位に、日々の帰宅時間・残業時間を表示するプログラムを作成する。
  • 全ユーザーの月間残業時間のランキングを表示するプログラムを作成する。


はい、この順で、来週から作っていきましょう。まずはOAuthのことから調べないと…