読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

はてなダイアリー10周年おめでとう!

はてなダイアリー10周年おめでとう!

 

そうですか、はてダは10年前からあるんですね。そうすると自分も結構早期から使ってたことになるのかな。

 

もともとは、子供の頃からずっと、周囲から日記書かされたり、自発的に日記書いてみたりしてきたので、その延長線上で始めたような気がします。

普段、何も書かずに生きていると、心の中に靄みたいなものがかかってきて体もだるくなってくるので、そういうのを書くことで解消していってるみたいなところがありますね。

『編集者は読むものがなくなると枯れてしまう生き物である』という話を聞いたことがありますが、きっとそれと真逆なんでしょうね。書くことがなくなるとライターは枯れていきます。

 

それに、自分の書いたものをあまり間を空けずに読み返すことで、なんていうんですかね、あれですよ、『自分を客観視して自己分析』みたいな雰囲気醸し出せていいんですよね。

また、何年か時間を置いて過去エントリを読み返してみると、昔の自分の言葉に教えられたり励まされたりすることって結構多いので、そういうのもよいかと思います。

 

これから10年20年と、自分も周囲も変わっていくことがあっても、書くこと自体は絶対にやめることはないと思います。

そのためのプラットホームとして、ずっとはてなのサービスは使わせてもらい続けることになるんでしょうね、きっと。