読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

移植にまつわる話

Colorful Pieces of Game::PC-9801版ギャプラスについての覚書

 

さりげなく書いてありますが、なんかすごい話だなーと思ったので。

 

大昔のゲームで、よくアーケードからPCへ移植をされてるやつがあったのですが、

あれってどうやって作ってるのかいつも不思議だったんですよね。

ここでちょっと言われている「目コピ」っていうのは、アーケード版のゲームが動作している様子を目で追いかけながら、隣の開発用PCで再現していくっていうやり方なんでしょうね。

それと異なるやり方として、プログラムをアセンブラ解析しながら地道に手でコンバートかけていく方法もあるみたいで、PC98版のギャプラスはそういう方法でやったということが、ここでの話題になっています。

今のゲームと違って、ものすごくプログラムサイズは小さいはずで、だからこそ人間の手で対応が可能だったと思うのですが、それでも恐ろしく大変な作業だったと思います。

『2つのCPUが同期しながら動いているので~』のくだりを想像するにつけ、よっぽど頭のいい人でないとできなかったのではないでしょうか。