読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

私と猫の秘密の時間

いつごろからだろうか、晩ごはんを食べ終えると歯を磨かずにすぐに布団に入ってしまうようになった。そしてそのまま眠りについてしまう。

2〜3時間ほどすると、歯を磨いていないせいで口の中に不快を感じて目が覚めてしまう。
目が覚めた私は立ち上がり、そのまま洗面所まで行って歯ブラシに歯磨き粉を落とし、歯を磨き始める。続けて歯間ブラシを通し、フロスをかけ、最後にリステリンで口をゆすいで一連の作業を仕上げる。
これらの作業にいつも10分くらいはかけているだろうか、その間、睡眠は完全に中断されている。歯を磨くという行為には、目を覚まさせる効果があると言われているが、私はここでいったん完全に目覚めてしまう。
これでは睡眠効率が悪くなってしまう。それがわかっているにもかかわらず、なぜだか毎日この状態から脱することができずにいる。

 


ところがこの悪しき習慣にも、良い点がひとつある。
歯磨きにかかる一連の作業を終えて、ふと後ろを振り返ると、飼っている猫がいつのまにかちょこんと佇んでいて、私に目を向けているのである。
私は猫の傍らまで近づいていって、やさしく背中を撫で始める。猫が喉をならす。彼は自分の舌を使って手足や尻尾の毛づくろいを始める。私は背中を撫で続ける。猫が喉をならす音には、私の精神を落ち着かせる作用があるようだ。

 

私はこの時間が好きだと思う。

 

世の中が寝静まった時間帯に、ひっそりと流れる私と猫だけの時間。
このままの時間が永遠に続けばよいのにと思っているところに、猫が背を向けてどこかへ歩き去ってしまう。
私は布団にもどり、睡眠の続きをむさぼる。

 


そして朝が来て、目覚ましのアラームが鳴り、私は眠い目をこすりながら起き上がる。あまりよく寝た感じがしない。それでも妙な満足感があるのは、私と猫のあの秘密の時間があるからなのだと思う。
こんなふうに、ちょっとした落ち着ける時間帯が一日の中のどこかに存在していることが、日常生活にとっては重要なのだということに、最近気づいた。
そしてそういう時間帯のバリエーションを少しづつ増やしていくことが、人生を豊かにすることにもつながっていくのだ。大げさかもしれないが、そんなふうに最近考えている。