読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

怪盗Ruby

Rubyのオフィシャルサイトのトップページに掲載されているサンプルソースを観て、完全に心を奪われてしまいました。

# Ruby knows what you
# mean, even if you
# want to do math on
# an entire Array

cities  = %w[ London
              Oslo
              Paris
              Amsterdam
              Berlin ]
visited = %w[Berlin Oslo]
 
puts "I still need " +
     "to visit the " +
     "following cities:",
     cities - visited


ちょっと眺めていて思い出したのですが、今から10年ほど前の出来事。
社内で、某言語を使ったプログラミングの講習を受けていた時に、私の隣の席で上記のようなソースを書いていた人を見かけました。まぁその人はコンピュータ関係の知識に乏しい人だったわけですが、「コンピュータは人間の指示した通りにしか動いてくれない。それもかなり具体的で詳細な指示を渡してあげないと動かないんだよ。」というふうに、なかば呆れながら解説してあげたのを覚えています。
ですが、Rubyを使えば話は別なんですね。複雑な処理であっても、とてもシンプルでわかりやすく実装できそう。
これは単なるツールとして使用する以前に、言語として純粋に興味がわいてきましたね。