読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COBOL技術者の憂鬱

COBOLプログラマは不在にしています

YouTubeの闇をみた

最近テレビでYouTubeのCMが流れているのを目にするにつけ、ああいう自撮り動画を配信している人たちって、どんなことをやってるんだろうなと興味を持ったので、いろいろ観てみました。

 

どうせみんなマジメに自分の持ち芸を披露している動画ばかりなんだろうなと思いながら観ていたら、ちょっと突き抜けて面白いことをやっている方を発見しました。

 


【妖怪ウォッチ】YouTube版ようつべウォッチ体操 - YouTube

 

ようかい体操を替え歌にして踊っている動画なのですが、歌詞が愉快な感じですね。

この、ちょっと斜に構えた感じがグッドです。

なるほど、お金が大事なんですね。

 

 


メントスコーラウォシュレットでアル爆破!!! - YouTube

 

他にも、全力で体を張ってバカをやっていたり…

 

 


好きなことで、生きていく SHIBATAR YouTube TVCM - YouTube

 

YouTubeのテレビCMを徹底的にdisるような感じで攻めてみたりと、思わずクスリとしてしまうような内容が盛りだくさん。

「子供騙して、生きていく」

いいですね。

 

 

こういった「おバカ動画」を誰が中心に観ているかというと、どうも小中学生くらいの子供が観ているようなのです。

確かにそのくらいの年齢層にクリティカルヒットしそうな内容の動画が多いので、わかるような気がします。

 

こんなふうに低年齢層に向けて顔出しで動画をやっていると、誰かにイタズラされることも多いようで、苦労されているようなのですが、この人はそれすらもネタとして消費していきます。

 


イタ電してきた奴の学校に電話しました - YouTube


うちのポストにコンドームを入れた餓鬼とその親に会いにいって発狂! - YouTube

 

ちょっと私はこのあたりで受けつけなくなって観るのを止めてしまいました。

YouTubeなので、某ニコ生とは違ってお上品な感じの動画ばかりが存在すると思い込んでいただけに、こういう揉め事関連を見せられるとキツいですね。

 

人気YouTuberになると年収が億までいくこともあるなどという話を聞いたりもしますが、顔出しで大勢の目にさらされるところにいる限り、こういった負の側面もでてくるわけで、みなさんよくやるなぁと感心してしまいます。

 

あと、もうひとつ驚いたことが、こういった動画に「コメント」がたくさんついていることです。2ちゃんねるのような感じで野次を飛ばすようなコメントが多いのが意外でした。YouTubeって、こんなところでしたっけ?